読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空を舞う64の考える人

徒然なるままに書き連ねる

ハースストーンが愛される3つの理由

皆さんこんにちはヴィノです

本日は私の中で神ゲーと名高いハースストーを紹介させていただきます。

「もう既に楽しんでるよ」っていう方は意見や感想をくださると嬉しいです!f:id:vinoism:20170409204646j:plain

 

UI(ユーザーインターフェース)について

 

初心者でもやりたいことを迷わない画面。

チュートリアルもわかりやすく、煩わしいことなくカードゲームに熱中できる。

そしてストレスの溜まらないカード操作。

こういったところも長く続いてくコンテンツには必須ですね。

 

デジタルカードゲームである

 

最初にカードゲームというものについて話そうと思う。

私が思うことは、まず第一に教育に素晴らしいということである。

こんなブログを見ている保護者様は少ないとは思うが、是非お子さんにカードゲームをさせることをおすすめする。

理由としては、このゲームは頭を働かせることでしか勝てないゲームであるからだ。

小さい頃に皆がやるであろう、スポーツというものは才能が大半を占めるものであると考えている。

小さい頃は運動神経だけで努力をしないので、上手い人でも特には考えていないことが多く、教えてもらおうとしても的を射た答えを貰えることは少なく、すぐに上手くなることは難しい

その点このカードゲームというものは、大衆的な遊びという範囲の中で頭をこねくり回して遊ぶものである。

上手い人はなぜこのプレイングをしたのか言語化することは容易いし、才能関係なく理由を考えれば考えるほど上達は速い

次にアルカードではなく、デジタルカードの方が良い理由だが、大きい理由として金銭的な問題がある。

それについては次の章で話すのだが、他にも保管するスペースの問題や整理の手間の問題がある。

コレクション目的で集めるならば確かにリアルのほうが良いのだが、写真ですらデータ化している現在、リアルで集める意味は薄いと考えられる。

 

課金システムについて

 

まず、最初に言っておこう。

私は微課金ユーザーである。

他のスマホゲーのユーザーは微課金と言っても1万2万だろ?なんて思うかもしれないが、1,000円である。

お得すぎるものを買っただけである。

これでも最高ランクのレジェンドランクに行くことは余裕なのである。

有名なプレイヤーの中でも無課金ユーザーがいるくらいなのである。

このように、このゲームにおいては課金というものは色々なデッキを作りたいといったものを叶えるもので、決して強くなるための課金ではないことを知っていただきたい。

RPGなどではレベルアップするのは主人公であり、プレイヤーの成長は少ないがこのゲームではプレイヤーが成長するのである。

いや、成長しなければ勝てないのである。

つまり、君がこのゲームの主人公なのである。

 

 

最後に感謝を

 

今回言いたかったことはハースストーンとは理数的な頭を形成しつつ、経済的にも友達を増やすにも適している最高のゲームであるということである。 

そして何より大事なことだが、面白いのである。 

つらつらと書いてきたが、面白くないものを続けるほど私は人間ができていない。

共有できる仲間を増やせるようにメリットを考えてみると、これだけ出てきただけなのである。

同じデジタルカードゲームの中でも、1歩抜きん出ている存在だと私は感じている。

 

神ゲーをありがとう

センキューベンブロード

 

ではでは(つ∀-)オヤスミー